スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ッ場ダム水没予定地、老舗旅館に最後の客(読売新聞)

 八ッ場ダム(群馬県長野原町)の水没予定地にある川原湯温泉で、生活再建の見通しが立たないとして宿泊営業をやめる老舗「柏屋旅館」が29日、最後の客を受け入れた。

 休業が報じられて以降、惜しむ客が多く訪れていたといい、この日は、四十数年ぶりという女性客が思い出を胸に宿泊した。

 東京都調布市から長女(28)と泊まりに訪れた元NHKディレクターの羽田野歌子さん(60)は、受け付けで同旅館の豊田幹雄社長(43)に「これ、再開後にと思って」と、紙袋に入れた招き猫を手渡した。羽田野さんは、高校3年の夏休み以来の来館という。

 当時、群馬大医学部の教授をしていた父親が豊田社長の祖母である先代のおかみと親しく、「涼しくて勉強するには良い環境だから」と招かれて1週間宿泊した。羽田野さんは「旅館に1人で泊まるなんて、文士みたいなぜいたくだと思って、落ち着かなかった」と苦笑いしながら振り返る。

 豊田社長は、現在は従業員寮になっている、当時羽田野さんが泊まった部屋を案内。羽田野さんは懐かしみながら、「八ッ場のニュースを見るたびにここを思い出したの。今日、来ることが出来て本当に良かった」。窓に目を向け、「でも、素晴らしい景色だったのに、工事でだいぶ変わってしまい、温泉街も寂れてしまった」と嘆息すると、豊田社長は「(中止は)もっと早くなら良かった。みんな待たされ、気持ちは限界です」と、温泉街の窮状を訴えた。

 同旅館は代替地への移転後に営業を再開する方針で、豊田社長は生活再建事業の行方を心配する。取材に対し、26日に国土交通省が発表した新年度公共事業予算の個所付けで用地補償費の具体額が示されなかったことに触れ、「とにかく、早くしてくれなければ」と祈るようにつぶやいた。

 豊田社長は「感傷にひたっていては、おもてなしできない」と複雑な心境を語り、取材の合間にも来館する客の案内に立ち、いつもと変わらない穏やかな笑顔と物腰での接客に努めていた。この日は、6組約40人が宿泊した。(武田潤)

国宝馬具、18年ぶり里帰り=奈良県斑鳩町〔地域〕(時事通信)
裁判員の判断尊重、控訴判決は10人全員棄却(読売新聞)
築地移転 中断回避へ 都予算案 原案可決確実に(産経新聞)
【土・日曜日に書く】論説副委員長・高畑昭男 「密約以後」に問われる誠実さ(産経新聞)
自民同士で神経戦!? 参院千葉に出馬予定の猪口、椎名両氏(産経新聞)
スポンサーサイト

判決文偽造し詐欺、元家裁書記官に懲役11年(読売新聞)

 偽造した判決文を使って計約6900万円をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた元京都家裁書記官広田照彦被告(37)(京都市伏見区)の判決が25日、さいたま地裁であった。

 田村真裁判長は「裁判所に対する国民の信頼を失墜させ、司法制度の根幹を揺るがしかねず、結果は重大」として懲役11年(求刑・懲役15年)の実刑判決を言い渡した。

 田村裁判長は「裁判所の社会的信頼を支えるべき書記官が、職務上得た知識や個人情報を悪用した悪質さ、大胆さは前代未聞」と述べ、マンションや金融商品の購入費用にあてるためだったとする動機に酌量の余地はないと指摘した。

 判決によると、広田被告は2007~08年、京都地裁の判決文を偽造するなどして、相続遺産などを詐取したほか、さいたま地裁熊谷支部に偽造判決文を送り、振り込め詐欺事件の凍結口座の預金をだまし取るなどした。

兵庫・三田の女児虐待 継母を傷害致死罪で起訴(産経新聞)
チンパンジーは空気よむ? 仲間の視線に敏感 京大が初解明(産経新聞)
<普天間移設>「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相(毎日新聞)
元気とどけ!播州鯉(産経新聞)
震災再開発地区で代執行 兵庫県、唯一明け渡し拒否(産経新聞)

<自民>議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に(毎日新聞)

 自民党は22日、今夏の参院選に向けた党運営などを自由に議論する両院議員懇談会を、参院選立候補予定者と衆院小選挙区支部長も加えた「全員懇談会」に拡大する方針を固めた。参院で10年度予算案と予算関連法案の審議が大詰めを迎えているため、開催は4月上旬に先送りする。谷垣禎一総裁は全員懇談会で結束を確認し、与謝野馨元財務相らから出ている執行部批判にけじめをつけたい考えだ。

 全員懇談会は3日間行われる予定。参院選と次期衆院選の立候補予定者を参加させることで地方組織の意見も反映させる。執行部への厳しい注文が予想されるものの、会合を全面公開し、生方幸夫氏を副幹事長から解任した民主党との違いをアピールする。

 谷垣氏は大島理森幹事長はじめ現執行部の交代要求は認めない方針だ。ただ、「幹事長が全部決裁するのでは、こんな大所帯は回らない」(石原伸晃組織運動本部長)という意見もあり、全員懇談会を踏まえて組織改編に着手する可能性もある。【木下訓明】

【関連ニュース】
与謝野氏:小沢幹事長と同席 憶測呼ぶ 会話の中身は…
自民党:与謝野氏と舛添氏 党にとどまる姿勢を鮮明に
みんなの党:「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で
鳩山氏離党:与謝野氏「話聞く」、舛添氏「決めてない」
鳩山邦夫氏:自民党離党 「4月末には新党」

積水ハウス申告漏れ、資産計上めぐり4億円 大阪国税局指摘(産経新聞)
政府案、月内策定を約束=普天間移設問題-鳩山首相(時事通信)
作業前からガス漏れか=ごみ処理場爆発-兵庫(時事通信)
遺体は32歳女性会社員=6日から不明、殺害後切断か-死後7~10日・福岡県警(時事通信)
<将棋>久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け(毎日新聞)

<殺人容疑>夫が妻子刺し死傷 大分(毎日新聞)

 19日午前4時40分ごろ、大分市望みが丘、幸(ゆき)浩彦容疑者(48)方で、家人の少年から「父親が包丁を持って暴れている。母親がけがをした」と消防を通じて110番通報があった。県警大分東署員らが駆け付けると、幸容疑者の長女、彩乃さん(18)と妻、知代さん(47)が刃物で刺されており、彩乃さんは間もなく死亡、知代さんは負傷したが命に別条はないという。殺人容疑で幸容疑者を捜索している。

 同署によると、幸容疑者は、2階建て住宅に家族5人で暮らしており、16歳と13歳の息子も当時、家にいたが無事。【小畑英介】

歩道橋事故遺族、補充捜査要請へ=指定弁護士と25日面会-神戸(時事通信)
低気圧、日本海を北東へ=海や山は大荒れ-気象庁(時事通信)
【ゆうゆうLife】病と生きる 学習院大学名誉教授 篠沢秀夫さん(76)(産経新聞)
<谷垣総裁>議員懇開催へ 執行部交代要求は拒否(毎日新聞)
<桜>東京で開花 平年より6日早く(毎日新聞)

小5長男の首絞め重体、容疑の母親逮捕(読売新聞)

 11歳の長男を絞殺しようとしたとして、盛岡東署は20日、盛岡市南仙北1、無職三井理恵容疑者(39)を殺人未遂の疑いで逮捕した。

 発表によると、三井容疑者は19日午後11時頃、自宅で長男の小学5年、悠輔君(11)の首を帯状のもので絞めて殺害しようとした疑い。悠輔君は意識不明の重体。

 外出中の夫(44)が三井容疑者から連絡を受けて帰宅したところ、倒れている悠輔君を見つけたため、同11時半頃119番した。寝室で発見された悠輔君の首には絞められたような跡があり、駆けつけた盛岡東署員に対し、三井容疑者が「私が首を絞めた」と話したため、逮捕された。

 同署が動機を調べている。岩手県警捜査幹部によると、夫が三井容疑者について、「うつ病で通院していた」と話しているという。

 三井容疑者宅は3人暮らし。現場は、JR東北線仙北町駅から南に約500メートルの住宅街。

子ども手当法案が審議入り=年度内成立へ-参院(時事通信)
将棋 久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け(毎日新聞)
<発砲>暴追運動の町で自治会役員宅に弾痕6発 北九州(毎日新聞)
<たまゆら>「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
鳩山政権 09年度予算を検証へ 参院選へアピール?(毎日新聞)

三笠宮さまが入院(時事通信)

 宮内庁は16日、三笠宮さま(94)が白内障の手術を受けるため同日午前、東京都中央区の聖路加国際病院に入院されたと発表した。17日に手術を受け、18日に退院される予定。 

大相撲大阪場所の「ふれ太鼓」が本社訪問(産経新聞)
舛添氏「新党つくるなら与謝野氏が先」(読売新聞)
秋葉原無差別殺傷 きょう第6回公判(産経新聞)
金星へ 探査機「あかつき」完成(産経新聞)
春日大社に矢刺さったシカ=ボーガンか、腹貫通-奈良(時事通信)

衆参4月補選はなし=民主・小林氏の進退先送り(時事通信)

 衆参両院の補欠選挙は、4月は実施されないことがほぼ確定した。陣営幹部が北海道教職員組合(北教組)から不正資金を受け取ったとされる民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=の進退問題の決着が16日以降となり、15日までに両院で欠員が生じない見通しとなったためだ。
 民主党の小沢一郎幹事長は15日の記者会見で、小林氏の進退に関し「本人が判断すべき問題だ」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

<スナメリ>海遊館に登場 ニッコリ“初笑い”(毎日新聞)
子ども手当法案衆院委可決「買収だ」…自民総裁(読売新聞)
<天気>降雪、強風で交通機関乱れる(毎日新聞)
下着盗み続けて10年…トラック運転手逮捕(スポーツ報知)
<日米密約>引き継ぎ、海部政権まで 公開の外交文書で判明(毎日新聞)

女人禁制と「青衣の女人」 (産経新聞)

【麗し大和・記者の裏話】(10)

 お寺や神社を回っていると、たびたび出くわすのが「女人禁制」というしきたり。大相撲の土俵ではないけれど、それも伝統の一つと思えばかえってその“区別”がおもしろくもなるものだ。女性であることを意識する、させられることで、古来、女性の宗教心や信心の歴史に思いをめぐらせる機会ともなるから。もちろん、いろいろな考え方があるのでそれは記者個人の考え方と断っておくけれど。

 ■女人禁制

 お水取りというと3月1日からの本行で二月堂にあがるおたいまつが有名だが、実はそれ以前から始まっている。今回は練行衆が2月20日に「別火(べっか)入り」という精進生活に入るところから取材を始めた。なにしろ「別火」というくらいで、お坊さまたちは家から離れて別火坊に集まり、新たに起こした火で練行衆だけが生活する。当然、中での取材は女人禁制だ。

 さらに本行に入ると二月堂の内陣で昼夜の行が行われるが、このときも、男性は外陣まで入ることができるけれど、女性はその外側の「局」まで。参籠見舞いに練行衆がこもる「参籠(さんろう)所」に伺ったときも、男性記者は建物の中にも入っていくが、女性は庭までとのことだった。取材では、入れない記者のために練行衆が庭に出てきてくださったという次第。で、お水取りにまつわるおもしろい逸話があった。

 ■青衣女人のおはなし

 今もお水取りの3月5日と12日、東大寺を建立した聖武天皇を筆頭に、ゆかりの人々の名前を読み上げる「過去帳」が行われるが、鎌倉時代のこと。読み上げる役目の僧、集慶の前に青い衣の女性が現れ「なぜ私の名前を読み落としたのか」と恨んで消えたという。以降、過去帳に加えられ、「青衣女人(しょうえのにょにん)」と読み上げられるようになった。もちろん今も続いている。

 現在でもそれを聞こうと、夜中にもかかわらず多くの人が耳を澄ます“名場面”の1つになっていて、厳しく女人禁制をしく法会の中でひととき、ツヤめく色あいを添えてくれる瞬間でもある。実際、承元2(1208)年ごろには集慶という僧侶が参籠した記録が何度か出てくるそうだが、さて。

 《お水取り》おたいまつは3月1日~14日、いずれも午後7時に1本目が点火される。そのあとお堂で声明を聞くのがおすすめ。西局からはシルエットの僧侶やすぐ前での五体投地、両脇の局からは格子越しに内陣の様子が見える。もちろん、男性は局の内側の外陣まで入ることができる。東大寺のホームページは、http://www.todaiji.or.jp/。

【関連記事】
平城京遷都は急がなくていい? 女帝がしぶったワケ
橘三千代の“平城京シンデレラストーリー”
阿修羅さまは休暇中 「興福寺国宝館」がリニューアル閉館中
不死鳥のごとく 興福寺五重塔と光明皇后
【麗し大和・記者の裏話】なまめかしい観音さま
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

談合防止のため検討委が初会合 空自談合受け防衛省(産経新聞)
阪急電鉄 大型ジオラマ 開業100年記念(毎日新聞)
京浜東北線にも女性専用車=JR東(時事通信)
地域主権改革一括法案を閣議決定―介護施設の一部基準を条例委任(医療介護CBニュース)
兵庫の死亡園児、「揺さぶられ」で脳に障害か(読売新聞)

前代未聞の“乱暴騒動” 学習院側が謝罪(産経新聞)

 「ご心配をおかけしていまして、申し訳ございません」。宮内庁が敬宮愛子さまの不安感を表明したことを受け、5日会見した学習院の東園基政常務理事らは冒頭、皇族に対する前代未聞の“乱暴騒動”を謝罪した。乱暴行為自体の存在は否定したものの、皇族方の教育を支えてきた「ブランドイメージ」への影響は避けられそうにない。

   [フォト]入学式の会場へ笑顔で向かわれる愛子さま

 宮内庁の野村一成東宮大夫と学習院の会見では、事実関係のとらえ方で大きな違いがあった。

 学習院側は、昨年7月に複数の男子児童による迷惑行為があり、父母会を開いたり、見張り役の教師を配置したりするなどした結果、11月には迷惑行為がなくなり、通常の態勢に戻したと説明。今回の愛子さまの「不登校」は、男子児童が猛スピードで走ってきたため、愛子さまが当時のことを思いだしてショックを受けられたことが「一番の理由だろう」としたが、記者側からは「それだけでショックを受けるのか」などと疑問を示す声も相次いだ。

 また、野村東宮大夫が指摘した、ほかの児童への被害についても、「確認していない」とするなど、ほかにも両者の説明が一致しない部分がみられた。

 学習院には、皇族方を受け入れてきた長い歴史がある。東園常務理事は今回のように、皇族方が不安感を覚えられるような行為が問題になったケースは過去に例がないと認めた上で、「試験や面接のやり方を工夫する必要がある」と、入学試験の改革も示唆した。

 学習院をめぐっては、今春から秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまと長女の眞子さまが、それぞれ学習院以外のお茶の水女子大付属幼稚園と国際基督教大学(ICU)に進まれることを決定し、話題となった経緯がある。

【関連記事】
愛子さまご欠席 東宮大夫の会見一問一答(上)
愛子さまご欠席 東宮大夫の会見一問一答(下)
学習院が会見「直接暴力行為はなかった」
愛子さまが「乱暴」で学校お休みに
学習院離れ? 皇族方の進学に「変化」

博多火災 被災ラーメン店1週間ぶり再開(毎日新聞)
サイバー犯罪、過去最多=オークション詐欺減少-ショップ、ブログに移行か・警察庁(時事通信)
ブログ市長駅伝を強豪高校が出場辞退(スポーツ報知)
漁業被害拡大18億円超える 発生から1週間(河北新報)
民家で爆発、男性重体=原因を捜査-警視庁(時事通信)

<結婚紹介所>業界分裂「マル適」どっち?(毎日新聞)

 結婚相手を紹介する業界が分裂し、優良事業者を推奨する「マル適マーク」を二つの認証機関が出す事態になっている。そもそもこの認証制度は「婚活ビジネス」をめぐる苦情が絶えないために利用者が業者を選ぶ際の目安にしてもらおうと、経済産業省の旗振りで導入された。経産省の仲裁も実を結ばないなど業界の溝は深く、元のサヤに収まる兆しは見られない。【合田月美】

 認証制度は業界側が経産省のガイドラインに基づきサービス内容や料金水準を満たしているかを審査する制度で、08年に始まった。業界は「結婚相手紹介サービス協会」を設立し、有識者で組織するNPO「日本ライフデザインカウンセラー協会」が認証業務を担当。これまで263事業所にマル適マークを発行した。

 ところが加盟社の一部から、15万7500円の審査料金や月々8400円の使用料を巡り「高過ぎる」「認証基準が不透明」などと異論が噴出。一部大手が離反し、昨年3月に新たな認証機関としてNPO「結婚相手紹介サービス業認証機構」を発足させた。審査料金は8万4000円、使用料を2年間で2万1000円と設定し、今年2月16日、61事業所に独自のマル適マークを発行した。

 経産省が乗り出して話し合いが複数回持たれたが、物別れ。協会側は「業界大手の影響力が強い機構では審査が甘くなり、利用者のためのサービスが行き届かない。身内意識が強く『お手盛り審査』になるのが心配」と主張。一方、認証機構側は「経産省OBが事務局長を務める協会の審査料金はなぜか必要以上に高く、小規模な個人事業者は申請できない」と譲らない。

 東京都中野区の警備員男性(50)は「埼玉や鳥取の事件を見て、しっかりした業者に頼るしかないと探してみたが、迷っている。認証マークが二つもあるのではいっそう迷ってしまう」と困惑気味だ。

 経産省サービス産業課は「消費者にとっては一つの方が分かりやすいが、どちらがいいとはコメントできない」と渋い表情。同省の調査(06年)によると、結婚紹介業者は約3800あり、約7割が個人事業者。市場規模は500億~600億円、会員数は約60万人。

 婚活を巡っては、「高額を支払ったのに理想の相手を紹介してもらえない」などの苦情が毎年約3000件、国民生活センターに寄せられている。

内職あっせん、実は高額教材販売…被害5億円(読売新聞)
【from Editor】冷めた後の2人はどこへ(産経新聞)
<高校無償化法案>朝鮮学校も対象で一致 国民新と社民両党(毎日新聞)
「憂慮すべき事態」=愛子さま欠席に学習院(時事通信)
【同盟弱体化】第1部 美辞麗句の陰で(3)ぶれる日本は「蚊帳の外」(産経新聞)

党のあり方など話した…? 小沢氏との会談で鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日午後の衆院財務金融委員会で、直前に首相官邸で行った民主党の小沢一郎幹事長との会談の内容について「基本的には党のあり方や、内閣との意思の疎通のあり方を議論したということで理解してほしい」と述べ、詳細な説明を避けた。

 「政治とカネ」の問題をめぐる小沢氏の国会での説明責任については「(2月18日に)すでに電話で進言した。お互いにどのような立場で果たすかは別として、国民が説明責任を求めているならば、お互いに話していこうという内容だ」と語った。この日の会談では、野党が求める小沢氏の国会での説明責任については触れなかったとみられる。

 茂木敏充氏(自民)の質問に答えた。

【関連記事】
予算案、今夜衆院通過 年度内確実
首相「適当ではない」 小沢氏の胆沢ダム受注業者からの献金
首相と小沢氏、午後に会談 政治とカネ、介護制度改革もテーマに
民主・小林陣営 違法献金の疑い 北教組幹部ら4人逮捕
首相と小沢氏が2日に会談「政治とカネ」協議か
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

押尾被告の2度目の保釈請求も却下(産経新聞)
市民記者メディア「JANJAN」 広告落ち込み3月末で休刊 (J-CASTニュース)
民主・小林氏「申し訳ない」進退明言せず(読売新聞)
<北教組事件>「逮捕者は遺憾」文科相(毎日新聞)
遭難の男女、全員無事=宮城・山形県境の船形山(時事通信)

10年度予算案 衆院本会議で可決 年度内成立が確定(毎日新聞)

 10年度予算案は2日の衆院本会議で民主、社民、国民新の与党3党の賛成多数で可決され、参院に送付された。自民、公明、共産、みんなの党の野党は反対した。憲法の規定により、参院で採決されない場合でも送付後30日で自然成立するため、年度内成立が確定した。10年度予算案の一般会計総額は過去最大の92兆2992億円。

 予算案採決に先立ち、自民党が子ども手当などの撤回を求めた予算案の組み替え動議を提出したが、与党などの反対多数で否決された。また、ガソリンの暫定税率の水準維持やたばこ税引き上げを盛り込んだ税制改正法案などの関連法案も可決された。

 参院予算委員会は3日から鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して基本的質疑を行い、本格的な予算審議に入る。ただ、予算成立は確定したものの、民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)の陣営が北海道教職員組合から違法献金を受けたとされる事件で「政治とカネ」の問題が再燃。鳩山首相や民主党の小沢一郎幹事長の問題と併せ、野党側は攻勢を強める構えだ。

 10年度予算案が衆院を通過したことを受け、鳩山首相は2日夜、首相官邸で記者団に対し「まだ半分が過ぎたところ。予算を参議院でもしっかり議論して上げることがすべてだ。法案はまだたくさんあり、米軍普天間飛行場移設問題も(期限までに)あと3カ月だから、しっかりと進めないといけない」と述べた。【野原大輔】

【関連ニュース】
10年度予算案:衆院予算委で可決 年度内成立へ
10年度予算案:年度内成立へ 午後、衆院通過
10年度予算案:年度内成立へ 3月2日衆院採決
衆院予算委:自民党が分科会欠席
自民党:衆院すべての審議拒否 支援候補当選は追い風?

鉄塔倒壊事故 関西電力を捜索 業務上過失致死傷容疑で(毎日新聞)
<国公立大>2次試験前期日程始まる 22万9741人受験(毎日新聞)
津波 東北3県で12万7064世帯に避難勧告や指示(毎日新聞)
「2人区に2人」民主、参院選で最多擁立へ(読売新聞)
普天間、検討委打ち切りも=水面下で調整-平野官房長官(時事通信)

<聖書>新たに翻訳始める 16年出版予定(毎日新聞)

 日本聖書協会(東京都中央区)は2日、新たに聖書の翻訳を始めると発表した。2016年に「標準訳聖書」(仮称)として出版する予定だ。

 同協会は1887年に「文語訳聖書」、1955年に「口語訳聖書」を発行。87年にはカトリック、プロテスタントの両教派が協力して「聖書 新共同訳」を出した。だが、平明さを追求した結果、「日本語の美しさやリズム感に欠ける」との指摘もあったという。

 今回も両教派の共同訳。聖書学の進展を踏まえ、原典に忠実な翻訳を目指しつつ、日本語としての表現にも配慮する。

秋親
残業時間、18カ月ぶりプラス=生産持ち直しで-厚労省1月調査(時事通信)
<北教組事件>書記長ら2人で資金捻出 組織的に引継ぎか(毎日新聞)
派遣法改正で修正案=共産(時事通信)
首相「適当ではない」 小沢氏の胆沢ダム受注業者からの献金(産経新聞)

NHKが地デジ難視聴地域に追加助成 6万世帯に26億円(産経新聞)

 NHKは25日、来年7月の地上デジタル放送完全移行を前に、電波が届きにくい山間部などの難視聴地域の6万世帯を対象として、約26億円を追加助成する方針を明らかにした。

 地デジに対応できる高性能アンテナの設置費用として、1世帯当たり原則10万円を上限に助成する。

 総務相から認可が下りれば、来年度から実施される見通し。

【関連記事】
「地デジ大使」になった大久保涼香アナ
4月からエコポイントを簡素化 LED照明の利用促進も
結果すぐわかる!フジ「スピードくじ」に応募殺到のワケ
真冬、一番暖かいのは「北海道」 日本各地の室内温度
地デジ受信機の普及進まず 東北6県、山形除き全国下回る

太平洋沿岸に大津波警報発令へ=最大で高さ3メートル予想-チリ大地震で・気象庁(時事通信)
<鉄塔倒壊事故>関西電力を捜索 業務上過失致死傷容疑で(毎日新聞)
【戯言戯画】湊かなえ 「さらりとした狂気」がコワい(産経新聞)
強制わいせつ罪で警部を追起訴=弁護人は「潔白」主張-福岡地検(時事通信)
<首相公邸>改修費は474万円 鳩山首相の転居時(毎日新聞)

賃金体系維持に厳しい姿勢=電機大手の春闘で経営側(時事通信)

 電機連合は1日、中央闘争委員会を開き、大手電機メーカーの各労組から春闘の交渉状況について報告を受けた。それによると、組合側が要求している賃金体系維持(定期昇給の完全実施など)について、経営側は引き続き厳しい姿勢を示しているようだ。
 経営側は景気の先行き不透明感や財務体質の悪化を挙げ、「賃金の在り方も変わらざるを得ない」(日立製作所)などと定昇の内容見直しを協議する考えを示唆。中には、「雇用の確保が最重要課題であり、賃金体系維持の組合要求には応じることは難しい」(東芝)と明確に定昇実施に難色を示した企業もあった。
 賃金とは別に労組が要求している時間外割増率の引き上げについても、大半の企業は「法を上回る主張に違和感がある」(パナソニック)と否定的だった。 

【関連ニュース】
富士通、賃金体系見直しを中長期で議論=在宅勤務は4月に制度化
電機大手労組、ベア要求見送り=春闘
電機・自動車も交渉本格化=定昇めぐりせめぎ合い-10年春闘
一時金5.7カ月、「かなり重い要求」=春闘で曽田ホンダ取締役
自動車春闘、本格始動=ベア要求でばらつき

温暖化対策基本法案で環境省が素案(産経新聞)
保守系文化人、メディアパトロールジャパン立ち上げ(産経新聞)
<津波>「心配なし」の誤情報 英文サイトに掲載 宮城県(毎日新聞)
裁判員 重い選択 鳥取2人強盗殺人初公判 関心高く 傍聴券求め848人(産経新聞)
火災 男児救出…お手柄の高校生2人に感謝状 京都府警(毎日新聞)
プロフィール

あきよしまさおさん

Author:あきよしまさおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。